契約形態の種類

家を売る時には不動産会社と契約するのですが、その契約形態は、「一般媒介契約」と、「専任媒介契約」、「専属専任媒介契約」の3種類に区分されております。その為、それぞれの契約形態の状況を確認しつつ、内容を理解する事が重要になります。

一般媒介契約がどのような物なのかというと、家を売る仲介を複数の業者に同時に依頼する契約で、複数の不動産会社に媒介や代理を依頼する事ができます。サラリーマンのイラスト自分達で購入希望者を見つけて取引する事も可能です。

また、他の特徴としては契約の有効期間であったり業務処理状況の報告義務、指定流通機構への登録義務などが無いと言う事があります。専任媒介契約は、一般媒介契約のように複数の業者に同時に媒介や代理を依頼する事ができない契約です。

ただし自己発見取引は可能です。また、契約の有効期間は3カ月以内ですが依頼者の申し出にのみ3カ月以内の更新可能です。専属専任媒介契約は、依頼者が依頼した不動産会社を介してしか取引ができないという縛りがあります。

ただし業務処理状況報告義務は1週間に1回以上行われる事が義務付けられておりますし、レインズへの登録義務は契約日から5営業日以内と厳しくなっております。それぞれにメリット、デメリットがありますので比較して契約してください。